ITCクラブ室 講演レポート
関東第一高等学校ITCクラブ室イメージ
四コマ漫画 「子羊」 掲載
2010年8月20日(金)
記:鈴木専門指導員
プロのように面白い長編が描けたら素晴らしいでしょうね。
長編を描いた後は、きっと大きな満足感を得られるでしょう。

私が最初に描いた作品は40ページで、約2ヶ月掛かりました。
後で読み返してみるとエピソードは貧弱、大きな流れだけで人間が全く描けていませんでした。
読者は最初の数ページで読み飛ばしてしまうでしょう。
私は2ヶ月という長い時間を有効に使っていなかったようでした。

雑誌に掲載されている漫画は基本的に4ページの倍数です。
プロは与えられたページの中に、綿密に計算されたコマ割で作品を仕上げます。
鍛えられた頭の中では、すぐにイメージで割り振れるからです。

漫画に限らず物語は「起承転結」が重なって出来ています。
その縮図である四コマ漫画は漫画を描くための基本であり、様々なトレーニングになります。
貴方も、私と一緒にトレーニングをしてみませんか。

四コマ漫画は難しいものだと思います。
シンプルゆえに奥が深い。
私自身、今もって満足のゆくものは描けません。
他者の作品から学び、目と頭と心を鍛えるしかないと思います。

四コマ漫画には大きな長所があります。
一つの作品を素早く仕上げ、反省し、新たなチャレンジを試みることができます。
慣れてきたら1ページ、4ページ、8ページと増やしてみるのも良いでしょう。
複線を張ることで、物語りはさらに面白くなることでしょう。

日記を書くように一日何本と目標を決めましょう。
日々の生活からアイディアを見つける目を養うことが、良い創作の秘訣ではないかと思います。
それは漫画に限らず、貴方が何かを表現しようとした時、きっと大切な事を気づかせてくれると思います。
関東第一高等学校のITCクラブ作品
四コマ漫画提供 鈴木 朗